鋼の錬金術師FA 第19話『死なざる者の死』

おそらくは、ファンのチェックも厳しいと思われる話(笑)
作画面では満足でした♪

大佐が素晴らしくカッコいい!
ラストも最期まで美人で、今回は満足です。

今回のメインといえるキャラは4人。
アイキャッチがハボだったのが意外だったのですが
よくよく考えてみると、今回を逃すと次は・・・ですから
妥当なところでしょうか(他のマスタング組男性陣単独は・・・やはり随分先になりそうな?)
後半アイキャッチは当然ラストでしたね。
(余談ですが。コミック背表紙にはヒューズさんとラスト姐さん、いないんだよね。
指摘される(by作者)まで気付きませんでした/苦笑)

メインは大佐vsラストですが。
そこに到るまでに結構ギャグも入っているこの辺り。
よかった。
ちゃんとボインの場面も入ってて(笑)

で、メイン。
いやホント、大佐がカッコよくてもう♪
うん、作画には特に不満はありません、いい方だと思うので。
ただ、演技的にどうかな~とやはり思ってしまうのは個人的イメージの差かな、とも
思うところはあるんですけれど。ハボックさんに呼びかける場面も含めて、ね。
ただ、「次」の見せ場との対比を考えると、これでもいいかな、という評価は甘いでしょうか。
(因みに、その内容のコミック23巻がCMにて/笑)

やはり、コミック片手に比べて見てました。
全部の台詞が入ってるわけじゃないのにちゃんと繋がっているんですよね~。
違和感はないんだ、と感心。あれはもう、原作知らない方は雰囲気で読み取れって解釈で。
中尉vsラストの場面も丁寧に描かれていたのでよかった。

但し。
丸ごと一つの流れを略しております(汗)
これはやはり、エンヴィーよりプライドの方の関連のせいか
単に一つの流れで判りやすくしたかったのか。
(そういやプライド・・・これ、アニメだと正体わかるよね?
どう演出してくれるのかしら)
というより今後この場面はあるのでしょうか?

で、エドサイド。
・・・こちらもかなり略されておりますが(汗)
あくまでもエド視点という点に絞ればおかしくないので良しとしておこう。
さて、パパのお声は誰だろう・・・(あの方と同じ??)


話は変わって。
ガンガン表紙、3ヶ月連続で「鋼」なんですけど・・・
コレ以外に作品ないの? あんなに分厚いのに(苦笑)

この記事へのトラックバック